金丸文化農園

Read Article

20170414 農園@嫁

20170414  農園@嫁

昨日は都会から農業体験に5名の方が参加してくださいました(^ ^)

我が農園では初の試みでしたが、到着した皆さんからはワクワクを隠せないといった雰囲気を感じ、迎えるこちら側もとても嬉しかったです。

まず園主からサクランボの一生、作業についてのスライドとレクチャーがあり、いざ現場へ!

まずはサクランボの花を摘んでもらいました。綺麗に咲いてる花を摘むのは抵抗があるようでしたが、交配用の花粉を採集するためとわかれば切り替えは早く、慣れない脚立にも上りどんどん花を摘み、あっという間に咲いてる花は1つも付いていない状態に。

その後は畑を移動して、桃の花を落とす(おろぬき)作業です。

桃の花は全て実になるので花を落とさないと実がぎゅうぎゅうになって育つことができません。

そのため花のうちに数を減らし、育ちやすく、また1つ1つの実に栄養が行くようにします。

ここで午前の部は終了。
簡単ではありますがおにぎりと豚汁で昼食に。
お日様の下で働いた後のご飯て美味しいですね(^ ^)

午後の部のスタートは、本当にちょっぴりですがドライブをして桃の畑の広がる景色を楽しんでいただきました。

そして午前の続きで桃の花を落とす作業を少しした後、農協に行きサクランボの花から花粉だけを採取する作業(全自動葯〈やく〉採取機で行う)を見学していただきました。

採集した葯をさらにふるいにかけ花粉だけになったものをトレイに敷き詰めて、低温乾燥機で1〜2日乾燥させます。

最後に記念撮影をして全日程を終了しました。
どの作業もみなさん写真を撮ったり質問をするなど熱心に取り組んでいただき、こちら側としても勉強になったり作業が進んだりとありがたい限りでした。


参加していただいた皆さん、お疲れ様でした!

またこのような体験の機会を企画できればと思っています(^ ^)

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top