金丸文化農園

Read Article

月次レビュー in オクトーバーフェスト

月次レビュー in オクトーバーフェスト

そーちゃん、今日は飲みに行くよ!


いつもの通り、急な話を頂きます。

ということで、そろそろ私がいつ帰ろうかと具体的な日程を検討し始めた日に、バスに乗って街の方まで出かけて飲んできました。

向かったのは、甲府駅。

駅の近くは栄えていて、ある程度飲み歩くこともできるようなところ。

ちょうど、地ビールのオクトーバーフェストが行われていたので、まずはそこで一杯(いっぱい?!)飲んでいくことに。

 

様々なビールがありましたが、折角なので、私は甲府の近くで生産されている地ビールかつ行列のできていないところの地ビールを。

なおさんは、箕面ビールすきやねん、ってどこの関西人ですか的な感じで、W-IPAを。

▲おつまみもいくつか買って、二人で乾杯。▲

 

 

そこで、スマホに入っている写真を見ながら、どんなことがあったのか、振り返っていました。

話の流れで来ることが決まり、

不安いっぱいにやってきた初日、そして安定の村さ来での飲み。

 

翌日、05:00からの農作業は、支柱入れでした

今はこんなかんじですが、この頃はまだまだ不安だったんですねーなんて言ってたような気がします。

やっぱり初めてやることには刺激が多くて、いろんなことを考えたり、当たり前の話ですが、桃の状態もいろんな状態があるのだなぁと。

この頃は新鮮な驚きでいっぱいでした。

途中、脱走した時(新宿と、渋谷と、大阪と、神戸だったかな?)の写真も見ながら、その時のことを思い出していました。

日にちがすぎるに連れ、過ごしづつ色づいてくる桃

やることも少しづつ変わっていきます。

四つ葉のクローバーのご利益は、あったのか、なかったのか。。

▼四つ葉を撮るそーちゃん▼

その間にも、桃の出来具合を確認するために、毎朝採れたての桃を食べては捨てっていうことに衝撃を受けたりもしてました。

 

 

そしていよいよ出荷です。

出荷先は、農協と、直送

農協へ出荷するのと、お客様に直送するのでは、だいぶ工程が異なるということを知れたのは良い経験でした。

農協の共選所も見せていただきましたし

 

そんなこんなで、桃の出荷のピークが過ぎ、一日も安定してきていた

突如降って湧いた農家お助けプロジェクト

ブログのエントリー上は、何回かに分けて書いてますが

すももの収穫荷姿作成FB上での宣伝オンラインショッピングサイトの立ち上げブログ投稿依頼なんかを、並列でこなしていました。

この時は、大変でしたけど新しいことをやってたので楽しかったですねぇなんて話しながらお酒が進みます。

僕としても完全に他人の褌で相撲を取ってる状態ですんで、リラックスしてやることができていました。

そのため、既存のサイトをお持ちにもかかわらず、新たにオンラインショッピングサイトを立ち上げるといった大胆な提案なんかもできたりしていて、とても楽しい日々でした。

 

独自のオンラインショッピングサイト以外のサイトでの売上はあまり芳しくなく、どうしようかと思っていたところに、ご協力いただいたくるみさんを始めとした皆々様

この時ほど、なおさんの人徳と、SNSのちからを感じたことはなかったです。

皆さんがSNSで桃の写真やすももの写真をアップして下さり、日々それを見ることがどれだけ生産者側に回った人間を喜ばせているか。。

ほんと嬉しいんですよ。

おいしーって書いてあるだけで。

ほんっっっっっっっっとうに、嬉しいんですよ。

私なんかは最後にちょこっと手伝ってるだけなのに、こんなかんじですから、一年を通して育ててはるなおさんの気持ちといえば。。

もうそれこそ、ことーばにー、でーきーない。。らーらーらーですよ。

そんなことを振り返りながら、ビールを飲みながら振り返っていました。

 

濃密な日々だったよね。

 

っていろんなことがありました。

ここには書けてないこともたくさんたくさん経験しましたし。

 

当初、何が起こるかわからないけど、とりあえずやってみればなんか起こるんじゃない?

という勢いではじめてみた企画。

いろんなことを経験できましたねぇなんて言いながら、ワインやら、テキーラ飲んでたら。。。


なおさん、つぶれちゃいました。。。(正直驚愕!)

 

それでも、締めのラーメンを食べて、最終のバスに飛び乗ったのですが、バスの中でなおさんは爆睡中。。

甲府→南アルプスのバスは乗ったことがないので、googleマップで進行方向を確認しつつ、バスがあってるかどうかを確認しながら帰ってました。

結果としては特にハプニングもなく、ちゃんと家に変えれたのですが、バスが家につくかどうかを調べながらの帰宅は冷や冷やものでした。

 

保険のためになおさんの奥さんに連絡を入れておいたら、、、、般若様に、お出迎えしていただきました(滝汗)。。。

後にも先にも、奥様があのようなお顔をされていたのはあの時だけでした。

 

私は、母屋とは別のところで寝かせて頂いてたので、フラフラのなおさんを奥様にお任せさせて頂いたのですが

あの後、般若様のお顔がどうなったのかは。。

いや、あの時は、すみませんでした。。

でもとても楽しかったのですよ、話も弾むし、お酒は美味しいしで。。

農業の生産と、販売の難しさを学んだのとともに、奥様の機嫌を取るというのは、とても難しいのだなぁということを学んだ独身のそーちゃんでした。

 

連載もそろそろ、終わりに近づいてまいりました。

明日書く内容は、、、とりあえず秘密でおなしゃすm(_ _)m

 

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top