金丸文化農園

Read Article

20200107 農園日誌。2019振り返り。@嫁。

20200107 農園日誌。2019振り返り。@嫁。

更新のたびにお久しぶりになってしまっていて大変心苦しいですが(~_~;)

昨年もいろいろとありながらも無事シーズンを終えることができました。

サクランボの収穫真っ只中で園主が木から落ちかけて股関節を痛め動けなくなったときにはさすがに頭が真っ白になりかけましたが、助けてくださいの声に

日替わりで本当にたくさんの方が駆けつけてくださり乗り切ることができました。

いつも助けられてばかりの私たちです。

この場をお借りして改めてお礼をさせていただきたいと思います。

本当にありがとうございます!

ざっとではありますが、駆け抜けた収穫期を写真とともに振り返ってみたいと思います\(^o^)/

たわわに実ったサクランボちゃんたち。

前年度は観光を断念せざるを得ないほどの不作でしたが、2019年はよく実ってくれました!

サクランボ狩りスタート!

新しくオーニングを導入。店っぽくなったでしょ(^^)

前年度に新調したのぼり旗もやっと日の目を見ました(ToT)

収穫にも、箱詰めにもたくさんの助っ人さんが駆けつけてくれました!ありがたい(ToT)

箱に整列すると宝石みたいでウットリ(๑⃙⃘♥‿♥๑⃙⃘)

新しく冷凍サクランボの試みも!

サクランボの収穫を終え網をあげるときの心持ちは何度味わっても最高です(ToT)

さてさてお次は桃です。

苦手な反射シートを敷く作業も家族や友人の手助けがあり頑張れました。

日照不足でなかなか色が付いてくれませんでしたが、収穫間際にはここまで赤くなってくれました。

早朝からの収穫にも毎日駆けつけてくださった南湖さん!スペシャルサンクス!

他にもご自分の時間を割いて付き合ってくださった方々心から感謝です!

果てしない箱詰め作業は夫婦漫才で乗り切りました( ;∀;)

遠くから何度も足を運び泊まり込んで苦楽を共にしてくれたマコーリーもスペシャルサンクス!

他にも事務作業を引き受けてくれたり、ご飯をつくってくれたり、差し入れもって元気を分けに来てくれたり、ちょっと寄っただけなのに箱を組み立ててくれたり作業を手伝ってくれたり、、、

こうして振り返ると本当にたくさんの方に支えてもらってなんとお礼を言っていいのやら、、、。

「農作業嫌い」なんて言いながらも、また美味しいサクランボと桃をお届けできたらいいな!と身の引き締まる思いです。

今年もたくさんの方との出会いや再会を楽しみに夫婦ともども頑張っていきます(^ ^)

次回は、これまた昨年のこととなってしまいましたが、秋に開催した感謝祭の報告をさせていただく予定です。

お楽しみに!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top