金丸文化農園

Read Article

雫は落ち、波紋が伝わっていくーそしてすもも完売へー

思いも寄らず、ずっと続くうめさんのターンにたじろぐ、なおさんとそーちゃん。

日々新しいすももレシピが送られてきて、ブログの更新が追っつかない状態に。

 

そうやってブログにすももレシピが増えていくごとに、

すももプロジェクトに合わせて立ち上げたオンラインショップサイトからの注文が少しづつ入るようになりました。

BASE(ベイス) | ネットショップを無料で簡単に作成

BASEは、在庫管理と決済が連動しているので、注文を受けるというところに関しての労力は格段に減ると思います。

金丸文化農園の場合、メールで受けた注文は、なおさんが、お返事を書かれて、送り状を作りはって、品物を送付、その後に再度振込票を送るというとても手間数が多いことになっていましたが、BASEの場合は、振込票を送付する手間は存在しないので(売上があった際に、指定した口座に代金の振込を依頼して、代金を回収する)、その辺りの手間が減ることと、個人経営でも、オンラインショップサイトにてクレジットカード対応ができる、コンビニ決済を選択していただけるなどなど、個人が使う利点は多いと思います。

 

またBASEで注文をいただくと、iPhoneにプッシュ通知が届くので、注文が入っていることがリアルタイムで分かり、その場で対応が変更できたりするのも便利でした。

この機能に助けられたのは、畑にすももを採りに行っていたタイミングで、多めのご注文を頂いて、その場で収穫しようとしていた量を変更したということがありました。

スマートフォンすげ(以下省略)

 

だいぶ話が逸れてしまいました。

うめさんには、日々ブログ記事を書いていただき、Facebook等で拡散していただいていました。

そしてうめさんの熱意の量が、水面に雫が落ちた時の波紋のように、他の方にも伝わっていくのがわかりました。

 

すももをお送りさせていただいた皆様には、すごい量のすももの写真をFacebookにアップしていただきましたし、スカーレットさんは、すももを酵素ジュースにするレシピを投稿していただいたりしました。

(酵素ジュースのレシピは、こちらにも転載させていただきました)

日々すももがアップされるのを見ていると、喜んでもらえているなぁ、と感じていました。

 

そして、うめさんと同じくらい、いやきっとそれ以上の熱量で、すももレシピを投稿していただいた、くるみさん。
▼くるみさんのサイト▼
ワーキングマザーのレシピ

このサイトで紹介させていただいたページは、これだけなのですが、そのあとも、記事を書いていただいたり、ネットでもリアルでも口コミをしていただいていたようで、ただただ感謝感激でございました。

(こちらの記事では、ちらっと背景に入れていただいているし。。ちらし寿司美味しそう。。)

 

 

前にも言いましたが、最初はめんどくさいなー、売り切れるのかよ??とか思っていたのですが、いつの間にか、残り在庫を心配するような状態に。。

本当に嬉しい悲鳴でした。

そして私自身が、いつの間にかけっこうやる気になっていることも。

 

そーちゃん:また注文入りましたよー

なおさん:また採りに行かないとねー

そーちゃん:まだまだいけるっしょー

なおさん:そろそろ注文止めないといけないかもねー

 

なんて会話が当初はできるとは思ってもみませんでした。。

IMG_0407

こうやって皆様のお力のおかげで、いや誇張でもなんでもなく、本当に皆様のおかげで、すももを全て採りきってしまうことができました!!

最後のすももを収穫した時の達成感というのは、もうなんとも言えないものがありました。

短い言葉で表現できればいいのですが、こう、達成感、やったった感、満足感、焦燥感、どれもピッタリ合うような感情ではなくて、不思議な感じでした。

なんかやってやったぞーというのとともに、あぁ終わってしまったなぁという焦燥感。

あまり体験したことのない感覚でした。

 

最初は、いやー無理かもねーなんて弱気なことを言っていたのに、いつの間にか、在庫の心配をするようになり、最終的には(ちょっと自分とこで残しておいて食べたいなーって分もなくなっちゃうぐらいに)完売してしまうとは。。。

なおさんが、Facebook上で「完売しました!」とポストされたエントリに対して、「まごまごしてたら売り切れてしまって残念」といった内容のコメントを頂いていて、いやーほんとありがたいお話ですよーと感じました。

 

こうやって、桃から始まり、なぜかすもものお手伝いをすることになったそーちゃんの就農体験も終わりが見えてきました。

 

基本的には時系列でお話を綴ってきたのですが、すももが終わりそうになり、私が関西に引き上げるまでの間のことを書く前に、ちょっと小道に逸れたお話とか、感想なんかを幾つか書こうと思っています。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top