金丸文化農園

Read Article

プロジェクトは突然に。。

桃の収穫もそろそろピークを終え、さて、いつ帰ろうかなんて思案していた頃。。

なおさんは言いました。

「すももを収穫しようかと思っている」

。。。。。

。。。。。

今なんと??

「すももを収穫しようかと思っている」

。。。。。

。。。。。

は??

「すももを収穫しようと思っている」

。。。。。

。。。。。

マジかよ。。

 

という流れですももプロジェクトが立ち上がりました。。

2015_0721-091817-iPhone 6 Plus-0

 

(だいぶ脚色してますが、なんか急に決めてきちゃった感があったのは間違いない)

この辺りの詳細は、過去の記事にもあるのですが、私目線でお話させていただこうかと。

 

話を聞いてみると、ご近所の農家さんで、すももを廃棄すると言われているらしい。

なんでもいろいろな作物を作っておられるのだけれども、今年のすももは天候不順で出来が悪く、実も小ぶりなので

収穫できるまで育てたけれども、他の作物に手をかけたいと思い、断腸の思いで「実がなったまま放置する=廃棄する」選択をしようと思っていると。

 

その話を聞いて、

「忍びねぇ」「何とかせねば」

という気持ちになられたそうで、

「売ります!」

って言ってきちゃったみたいです、なおさん。

 

僕は正直、「めんどくせーな、その農家さんの責任じゃねーか」とは思いましたが

「まぁやりはるんだったら、やりますか」というノリでスタートしました(僕の気持ち的には)。

そうです。正直最初、私は乗り気ではなかったです。

ただ乗りかかった船なので頑張りますか。という感じ。

というかランランとしているなおさんを止められなかった(笑)。

ただこういう困った人を放っておけねぇっていう気概は、なおさんカッコいいなぁと思いました。

 

 

お話を受けられた時は、畑によっては(金丸文化農園には複数の桃畑がある)収穫を終えていて

収穫後のメンテナンス(また後にポストしますが、肥料をまいたり、草刈りをしたり)を行う必要がある畑も出てきているタイミングで、作業のピークは過ぎていたということ。

そんなタイミングだったので、桃の他にリソースを割けるタイミングで、お話を頂いたということと、(なおさん的には)私がいた事が大きかったようで、

タイミングっていろいろ大事なんだなぁと、今になって思います。

 

そんな感じに始まったプロジェクトですが、すももについてはよくわからないし、新製品を急に立ち上げることになったものの、販路に農協は使えず(実が小さすぎて買い叩かれてしまう)、自分で開拓しなければいけない、そして実は既に取り頃になっていて、早く出荷しなければ、どんどん悪くなってしまう。初めてのことだけれども、時間勝負!その間にもいろいろと桃の割り込み注文が入ってくる!ヤバイ!!みたいな状況から、どーやってプロジェクトを進行させていったのかを書いていきます。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top